明日は銀座カラーの施術です。「キレイに自己処理は完了」

いざ施術を受けに行くと、剃り残しがたくさんありました。

なんてことは脱毛サロンあるあると言っていいほどよくあることです。

特に全身脱毛の場合は、キレイに脱毛したつもりでも気が付かない箇所も最初は出てきます。

そんな時にはどうしたらいいのでしょうか?銀座カラーの対応は?

など剃り残しがあった場合についての対応を説明してきますね。

 

剃り残しがあった場合の基本的な対応

 

これから初めて施術を受ける方は事前の自己処理チェックを必ず行うようにして下さい。

頑張っても剃り残しがあった場合については仕方がありませんよね。

剃り残しがあった場合にはその部位は避けて施術を行うことになります。

ほんの少しであればすぐにその場で処理すれば済むのですが、腕や足など全て処理し忘れていた場合にはその部位全ては施術を行うことはできなくなってしまいます。

シェービングサービスについてはこちらを参考にして下さい。

 

少しの剃り残しくらいはエステシャンはサービスでしてくれたらいいのに。

と思ってしまうでしょうね。私だってそう思いました。

ですが、施術時間は決まっていて次から次へと予約が入っているのでスタッフは分刻みでスケジュールを管理しているので、余計に時間を省くことができないのですね。

回転率を良くすることで、脱毛の価格も安くなっているのですから仕方ありませんね。

 

その場で対処する方法とは?

はっきり言っておきますが、自己処理を万が一忘れてしまった状態で、銀座カラーの予約日に行くと施術を受けられない可能性が高いです。

細い毛や産毛などは施術を行える場合もあるそうですが、全身忘れてしまったらその日の施術は断られると思っておいた方がいいかもしれません。

施術は行っていなくても、回数だけは消費されるシステムとなっているので痛い損失となりますので注意が必要です。

しかし、体の背面(うなし・背中・ヒップ)など手の届かない部位においてはシェービング代金3000円を支払うことでエステシャンが行ってくれます。

その場合は顔用の電動シャーバーを持参するか、銀座カラーで購入する必要があります。(3000円程度)

銀座カラーのシェービングは必ず電動シェーバーを持参することが決まりとなっているので忘れないようにして下さいね。

 

どれくらいが剃り残しになるの?

部位によっても多少違うみたいなので、詳しいことはプロに尋ねるのが一番ですが、2㎜程度なら間違いなくOKとのことでした。

剃り残しの場合は、その体毛については全く処理していないことがほとんどみたいです。

あまりに早く、自己処理をしてしまうと施術日に体毛が伸びていることがあり、剃り残しと判断される可能性もあるので2日前がベストです。

2日前にシェービングを行い、前日にもう一度確認するくらいの余裕があれば剃り残しの可能性も低くなるはずです。

銀座カラーで実際に施術を体験した私の感想としては、1回目は剃り残しが多くありました。

自分ではきちんとできたつもりでも目が届いていない箇所がありました。

私の場合は前日の確認などはしていなかったのでそのせいもありますね。

指摘されることで、自分の目の届かない箇所が分かってきますし、エステシャンからのアドバイスも聞けるので次第に剃り残しは減っていきます。

 

まとめ

剃り残しがあった箇所が後回しになるとその部位の脱毛効果が薄れてしまうのでは?

と心配になるかもしれませんが、回数制で契約していればそのようなこともあり得ますが、銀座カラーには脱毛し放題コースがありますよね。

脱毛し放題なら回数は関係ありませんので、1回程度なら問題ありません。

それに剃り残すくらいのムダ毛なので元々薄い箇所ですのでそれほど施術回数が必要ないことがほとんどです。

銀座カラー予約日の前日までには自己処理を済ませておけば何とかなりますので過剰に心配する必要はありませんよ。