銀座カラーで施術を受ける際には自分でシェービングを行う必要があります。

自己処理が苦手な方にとっては面倒なことですので、いっそことお店でしてもらうことはできないの?と思う方も多いはず。

そこで、銀座カラーの施術を受ける前のシェービング・自己処理について詳しく見ていきましょう。

 

施術前のシェービングは必ず必要なの?

 

銀座カラーの各プランにはシェービング無料コースとシェービング有料コースとがあります。

シェービング無料プランでも、手の届かない範囲のみエステシャンが行うので手の届く範囲の自己処理は必要となります。

ですので、施術前にはどちらにしても必ず自己処理が必要ということになります。

前日までに自己処理は済ませておけばいいのですが、皮膚から1㎜程度は体毛が露出していた方が脱毛効果が高いという方もいます。

実際にはそこまで大きく効果は変わらないのですが、施術の2日前に自己処理を済ませておくのがベストです。

 

シェービング代金は3000円かかる?

銀座カラーで全身脱毛を希望する場合はスペシャルプランとプレミアムプラン(通常価格)とがあります。

スペシャルプランは格安で全身脱毛を行うことができますが、シェービング代金は含まれません。

ですので、自分でシェービングをしなくてはいけません。

どうしても手の届かない箇所をエステシャンにお願いしたい場合にはシェービング代金として3000円必要となります。

その場合のシェーバーは持ちこみとなっていますので、自分で用意しなくてはいけません。

銀座カラーでも3000円程度で販売していますのでそちらで購入してもいいかもしれませんね。

エステシャンに有料でシェービングをお願いする場合には必ずシェーバーを持参することになっていますので、

忘れないように注意が必要です。

 

シェービング無料プラン

全身脱毛のプレミアムコースの場合にはシェービング料金は無料となります。

手の届かない箇所はエステシャンが行ってくれるので、その部位の自己処理は必要ありません。

襟足・背中・お尻・Oラインなど自分で処理するのが難しい箇所のみ無料でシェービングを行ってもらえます。

シェービング代金は無料ですが、電動シェーバーは持参しなくてはなりません。

忘れてしまうと施術を行えない可能性もあるので、必ず忘れないようにして下さいね。

 

剃り残しがあった場合には?

頑張って自分でシェービングをしていて、剃りの残しがあった場合にはどうなるのでしょうか。

原則、その部位の施術は避けて行うことになっています。

そういうことはよくあることなので、1ヶ所程度ならエステシャンがサービスで実施してくれることもよくあることです。

しかし、基本的には剃り残し部分の施術は行わないので丁寧に自己処理は行うようにしましょう。

自己処理を全くしていかなかった場合には施術自体ができないこともありますので、施術前の自己処理は必ず行わなければなりません。

 

まとめ

全身脱毛のスペシャルプランはリーズナブルな価格で魅力的ですが、シェービングは全て自分で行わなければなりません。

どうしても体の背面は手が届かないので自分では難しいので、家族やパートナーに手伝ってもらった方が間違いありませんね。

シェービング程度なら丁寧に行えば誰でもできることですから。

自己処理が苦手な方や面倒だと感じる方はプレミアムプランでの契約がおすすめです。

最低限自分で行っておけば後は、プロに任せることができますからね。

どちらがいいかは、無料カウンセリングの時に相談してみるといいですよ。

安さを重視するか、かかる手間を重視するかの違いです。