脱毛サロンで行われている施術は全て光脱毛です。銀座カラーも同じく、光脱毛を行っています。

医療クリニックで行われている永久脱毛はレーザー脱毛と呼ばれ、クリニックとサロンの間で明確な違いがあります。

実は、光脱毛の中にもタイプがあり銀座カラーはIPL脱毛と言います。

光脱毛について知ることで、施術を受けてどのようか効果を得ることができるのか?ということをより詳しく理解することができます。

 

レーザー脱毛と光脱毛について

レーザー脱毛と光脱毛とは一体どう違うのでしょうか。

上記でも行った通りですが、医療クリニックではレーザー・脱毛サロンでは光脱毛です。

レーザー脱毛は別名「永久脱毛」と言われ、毛根を破壊することで高い脱毛効果を期待することができます。

脱毛サロンに比べて強い痛み・高額な料金設定というデメリットもあります。

レーザー脱毛は危険が伴う脱毛方法の為、医療行為とされ医師免許がないと行うことができません。

光脱毛はレーザー脱毛のデメリットを改善した脱毛法だと言えます。

激しい痛みを伴うことがあるレーザー脱毛では痛みが強くて続けることができないという方も多数います。

今は痛みに配慮したクリニックも出てきていますが、実際にかなり痛いのが現状です。

脱毛サロンで行われている光脱毛はまず痛みが少ないという特徴があります。

我慢できないほど痛い!ということはまずないでしょう。

医療クリニックの脱毛と比較すると料金が格安で済むということで脱毛サロンの需要は年々高まっています。

 

光脱毛には大きく分けて2通りある

実は光脱毛の中でもタイプがあり、日本の脱毛サロンで行われている方法では大きく2つに分けることができます。

SSC脱毛とIPL脱毛と呼ばれる方法です。

銀座カラーで行われているのはIPL脱毛法です。

SSC脱毛はイタリアの会社が開発した脱毛法で、抑毛効果があるジェルを肌に塗り、光との相乗効果で毛の成長を抑えます。

特徴としては痛みが少ないということがメリットとして挙げられますが、脱毛効果を実感するにはその分時間がかかってしまいます。

ミュゼ・脱毛ラボなどのサロンが採用している脱毛法です。

それでは銀座カラーのIPL脱毛法にはどんなメリットがあるのでしょうか。

メリットがあるということはデメリットもあります。IPL脱毛のメリット・デメリットについて調べてみました。

 

IPL脱毛のメリット・デメリット

デメリット

  • 少し痛い

メリット

  • 脱毛効果が早く期待できる
  • 美肌効果が期待できる
  • 産毛にもしっかり効果あり

 

少し痛い

SSC脱毛は痛みがほとんどないか少しの痛みで済むという特徴がありますが、IPL脱毛はそれに比べると痛みが伴います。

少しの痛みですが、SSC脱毛を採用しているサロンでは無痛を売りとしているお店を見かけることもあるほどです。

脱毛効果は期待できるのですが、痛みについてがIPL脱毛の唯一のデメリットです。

 

メリット

脱毛効果が早く期待できる

SSC脱毛に比べると、脱毛効果が早く出るということが最も特徴的です。

少しの痛みを伴う分、高い脱毛効果を期待することができます。

剛毛で毛深い方ほどIPL脱毛に向いています。

脱毛効果をより早く実感したい方はIPL脱毛を行っている銀座カラーがおすすめです。

 

美肌効果が期待できる

IPL脱毛そのものの光はフェイスエステなどでシワ・シミ・くすみなどの対策に使用されてきたものです。

なので、IPL脱毛の光は体に全く悪影響はなく、毛穴の引き締め・シミ・シワなどの美肌効果も同時に得ることができるとされています。

敏感肌の方でも施術が行える脱毛法として注目されています。

 

産毛にもしっかり効果あり

見た目にはほとんど分からない産毛はSSC脱毛では完全に脱毛することは難しいです。

産毛はほとんど目立つことがないので気にならない人もいますが、光の加減や角度によっては目立つこともあります。

産毛は光脱毛では反応しにくいのですが、IPL脱毛なら産毛もしっかりつかんで脱毛することができます。

 

まとめ

銀座カラーで行われているIPL脱毛についてでした。

光脱毛についてお話させて頂きましたが、現在は痛みにおいても配慮されていたりと脱毛技術が高くなっているので、SSC脱毛とIPL脱毛の違いはほとんどないと言ってもいいでしょう。

体験する側としての大きな違いはありません。

銀座カラー・キレイモの全身脱毛に特化したサロンではIPL脱毛が採用されています。全身の施術を行うので脱毛効果を重視しているのでしょうね。